スイートコーンと緑肥の植え付け!抑制栽培にチャレンジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スィートコーン、タキイのゴールドラッシュ90です!6月末に種まきして、1週間でこんなにのびました。流石にこの時期は成長が早くて、びっくりです。

生姜畑の空いたところ、どうしよ…てことで、今植えれて来年の土作りにもなるもの、ということでやってみます。トウモロコシはいい堆肥になるはずだ!

スイートコーンは、普通は春に植え付けて今頃が収穫時期ですが、今回は初めて、抑制栽培と言うのにチャレンジです。

ん、さらっとカッコよさそうなこと言ったけど…

抑制栽培って何??

よくあるのが促成栽培(そくせいさいばい)で、ビニールハウスで温度を高く保って、露地栽培より早い時期に作物を作るもの。きゅうりやトマト、ナスなんかもありますね。

それに反して、涼しい気候を利用して露地栽培よりゆっくり収穫を迎えるように作るものが抑制栽培。

出荷時期を他とずらすことでちょっとでも高く売れるような工夫なのです。普通に作って出荷時期がみんな一緒になると、お野菜の価格はどーんと下がるんです。旬のものが美味しいんだけど旬のものは安い…。お野菜が安いのは、買う側は嬉しいけど農家は悲しい…。いや、ほんとにね、泣いちゃうほど安いんだから!ひどいよ!!

なんて、抑制栽培ていうとデキル農家風だけど、ただ単に「お?スイートコーンってまだ植えれる時期だよね?よっしゃ植えとくか!」って思いついただけなのは内緒。

そうそう、秋の涼しい時期にじっくりと育つので甘〜くなるそうな。がんばって秋に美味しいトウモロコシを食べるぞ〜♡

抑制栽培って、特別なことするの?

あ、うちは、ただ、遅めに種まいて、秋どりなだけですよ。思いつきのうちの場合は。おいおい大丈夫かーー!?

6月末から一週間おきに種をまいていきます。ただ、困ったことに梅雨真っ只中で畑の準備ができない!!1ヶ月前に鶏糞を混ぜ込んだものの、そこからずっと雨で乾かず。生の鶏糞だったから、もっと何回か耕運機で混ぜたかったけど…無理でした。

苗ができてしまったので無理やり畝立ててそのまま植え付け。あー、虫が出そうな予感。

畑の準備(土作り、畝立て)は1ヶ月前までに、余裕を持って終わらすべし。

高温期になるので、出来れば白マルチなどすると暑さ対策と保湿ができてよい。

我が家の場合はビニールは環境に良くないという考えから、草マルチを分厚く分厚くかけます。草マルチは来年には堆肥になるので2度美味しいのだ。

それから品種選びも重要になってきます。

抑制栽培にオススメの品種は?

うちはタキイのゴールドラッシュ90を選びました。ゴールドラッシュという品種でも何種類かあって、この90は特に抑制栽培向きのもの。気根という根っこがたくさん出て倒伏に強いそうな。そう、倒伏…

秋は台風がくるからな!!!

他にもタキイのキャンベラ90、雪印のキャンベラex、ナント種苗のおおものなどがありますが、ゴールドラッシュは6〜7月中旬まき、その他は7〜8月まき(暖地)と、種まきの時期、収穫の時期が違って来るので植えたいに合わせて選んでみてください。

ただし、違う種類のトウモロコシを近くに植えないこと。花粉が混ざってしまうと、美味しくないトウモロコシができてしまいます。

スイートコーンの抑制栽培の注意点と対策

台風対策

先に書いたように、秋には台風がやってきます!!早めに支柱を立てて、テープでくくっておきましょう。うちは、広すぎて、支柱が足りないよーー!(←農家じゃねー)

そんなわけで、畑の周りと、畝の間にソルゴーを植えました。このソルゴーは防風になり、そのあとは来年のための生姜の線虫避けと堆肥になります。おーデキル風!どのくらい防風効果があるかな、楽しみ。

虫対策

栽培期間が真夏で、まさにスイートコーンの天敵、アワノメイガの発生時期と開花時期が丸かぶり!

農薬をまきたくないので、できる限り虫に負けない健康な土作り(今回は赤点)と、受粉が終わったら速やかに雄花のカットと見廻りで被害を防ぎましょう。

あとは抑制じゃなくてもだけど、ケモノだな〜。カラスにハクビシンにアライグマよ…。

かかってくるなよーーー!!

まとめ

  • 抑制栽培は、夏に種まきして秋に収穫する。
  • ゆっくり育つので甘くなる。
  • 暑い時期なので乾燥に注意する。
  • 台風、虫が多い季節なので心して対策する。

さあ、がんばるぞ〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*