無線LANルーターが壊れた!代わりにMacをWiFiポイント化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あれ、あれ!? 朝からネットに繋がらない!

パソコンも、iPhoneもWiFiが繋がらないと申す〜。ごそごそとルーターを出してみれば、あれ?

3つ付いているはずのランプが一個も付いてない〜〜〜!!

ケーブルやら電源やら抜き差しして、あちこちのコンセントに繋いでみるけど、つかない。ルーターはちょっと熱くなって、ほんの少し動いてる音もするけど・・・これは・・・

完全に壊れている!!!がーん!!

昨日町中の避難訓練があって、携帯やらケーブルテレビの端末やらが全力で鳴りまくっていたから絶対そのせいだな!!!(我が家はケーブルテレビのネット回線なのだ。だからって人のせいにするなよ)

とにかく壊れている。ルーターって幾らするんだっけ・・・?今まで使っていたのは、SoftBankで無料でもらえたFONルーター。

これはとてもお得で、家の中でこのルーターを使っていると、外出した時に世界中のFONのWiFiを使うことができる便利なルーター・・・だったんだけどな。無料だけど快適でした。おすすめです。

さて、どうしよう。今月は、お金が、ない!!

脳みそフル回転して思い出した!

Macちゃん、そういえばWiFi飛ばせるじゃ〜ん!急遽Wi-Fiで使用していたMacにLANケーブルをつないで。。

家にあるパソコン(Mac)をWiFiルーターのようにする設定

MacをWi-Fiアクセスポイントとして、インターネットを共有できるようにします。ええと、Macから飛ばしたWi-FiをiPhoneで使える様にしていきます。(言葉が、あっているのか?難しい)

Macの設定

左上のアップルマークからシステム環境設定をクリックして設定画面を開く

「共有」をクリック

①インターネット共有を選択
②WiFiにチェックを入れる
③WiFiオプションをクリック

④ネットワーク名は、好きな名前を入力する。セキュリティで「WPA2パーソナル」を選択
⑤自分の好きなパスワードを入力して(WiFiにつなぐ時に使うのでちゃんと控えておくこと)
⑥「OK」をクリック

⑦左の「インターネット共有」にチェックを入れて
⑧「開始」をクリック

よっしゃーこれでWiFiが飛んでるぞ!!iPhoneを見てみよう!

iPhoneの設定

① 設定画面を開き「Wi-Fi」をタップ

② オンにしよう

③さっきMacで設定したネットワーク名がありますね、それをタップ

④ Macで設定したパスワードを入力して・・・

⑤ やった!iPhoneがMacのWi-Fiに接続できました!!

 

まとめ

インターネットに接続しているMacがあれば、Wi-Fiアクセスポイントとして設定できて、ルーターがなくてもiPhoneなどをWi-Fiで使用出来る。

なくてはならないと思っていた無線ルーターが、壊れたけど実は要らなかった。。ルーターが要らなくなったのでごちゃごちゃのコンセントが一つ減ってめっちゃ気分いい!!本当、パソコン周りの配線ってごちゃごちゃして嫌なのよね。今の所iPhoneのWi-Fiは快適。このまま調子よく使えるといいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*