スウィートコーンに虫が・・・その後。対策をしたらかなり減りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うっかり何百本もトウモロコシを植えた結果、猛暑でアワノメイガが大発生。大急ぎで雄花をカットして、毎日毎日幼虫を見つけては取り、葉をめくって卵を探し・・・。

気が付いたらカエルやクモ、カマキリ、害虫の天敵がたくさんやってきてくれました!!

毎日害虫を取りながら、益虫のみなさんに「ありがとう、よろしくね!たくさん虫食べてね!!」と声をかけて。今まで一人で何百匹もの虫を取っていたので、味方ができて嬉しい私。

被害に遭う前に、まめに卵を探してとるようにして、雄花は10本中3本ほど残して他は雌花が咲く前にカットしてみました。うまく受粉ができるかな。

雄花をカットしたからか、突然涼しくなったからか、後に植えたトウモロコシは被害が少ないように思えます。(200本ずつ、一週間おきにずらして植えています)
先に植えた分は、雌花が咲く頃には幼虫が茎に穴を開け、あちこちにフンが転がっていましたが、最近雌花が咲いた列はまだ茎が綺麗で、30本に1本、小さな幼虫が見つかる程度です。

このまま綺麗に育ってくれるといいな。

それにしても、無農薬で野菜を育てるというのは、本当に大変だなあ〜。と実感。家庭菜園だったら簡単だけれど、販売するほどの量を作るとなると。ものすごい手間がかかります。買う側だったときは、有機野菜って高いなあと思ったけど、作ってみたら、それはそれは、手間と時間がかかっていたら高いけど、それでも安いくらいだ、と思ったものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*