小学校の大根交流part2、間引き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の花壇で、1年生と大根を育ててお漬物を作るという大根交流プロジェクト。2回目は、間引きです!

種まき後に台風が…

前回種まきをしたのがちょうど1ヶ月前。実はその直後に台風が来て、ちょっと芽が出なかったところもありました。
でも、後から蒔きなおしても、先に植えたものに負けてうまく育たない、と言うことで蒔き直しはしないことになりました。

さあ、どうなっているかな?とドキドキでしたが、立派におおきくなってる!(無肥料のうちのとは大違い 汗)

1ヶ月の間に、地域の方が1度追肥をしてくれたそうです。おかげでこんなに〜!

before 1ヶ月前

after 今日(間引後)

 

授業開始!

さあ、1年生、先生、地域のスタッフが集まって
「よろしくお願いします!!」

まずはお手本で、スタッフのおばちゃんが間引きをして見せてくれます。

おばちゃん先生「じゃあ、はじめようかね、えーと、あいさつから」

その他一同「・・・えっ、今、しましたよ、よろしくお願いしますって」

おばちゃん「・・・えっ?した?」

いやいや、いま、みんな並んでしましたよ!!一緒に並んでたじゃないですか 笑

大丈夫か。

気を取り直して、間引きを。大体こんな間隔で、立派なやつを残して、小さいものを抜いてね。と言っても、まだまだ1年生。聞いてなかったり、聞いててもわからなかったり。ちょっと難しいようです。

小さくてダメそうだな、とか、お、これは立派になりそうな、とか、選んでみてね、と言っても、あまり聞いてくれない 。。ので、スタッフが1本1本「これ、抜いて」と選んで、子供たちに抜いてもらいます。なかなか、どれがいいのか、と考える前に手を動かしたくて仕方ない様子。

それでも間引も立派な収穫!こどもたち楽しいみたいで、僕がわたしが!と競って抜いてくれます。

大根があまり大きくなりすぎると、スが入ったりして美味しくなくなる、ということで、15〜20cmという狭い間隔で育てていくそうです。

それからまた化成肥料を追肥しました。大根って結構肥料必要なんですね。うちも何かあげたほうがいいかな、と心配になってくる。

間引き菜がたくさんとれました!

そうして、こんなに小さい花壇なのに、こどもたち、先生、スタッフと分けてもちゃんと食べれるくらいの間引き菜がとれました!

おばちゃん先生達は「自分の畑にあるから」と断っていたけれど、わたしたち初心者スタッフの家庭菜園はヒョロヒョロとまだ間引もできない感じなので、ありがたく間引き菜をいただいて帰る。

細かく切って、お塩でもんで、おかか、ごまと和えてほかほかご飯にON!お、おいし〜♡やっぱり子供の手で作ってるからかな?大根が楽しみです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*