生ゴミは貴重な肥料!生ごみコンポストを使おう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はコンポストの生ごみがいっぱいになったので、畑に持って行って畝に埋め込みました。

我が家では生ごみをコンポストで処理しています。バケツに入れておくだけで、液肥や発酵堆肥といったとてもいい肥料ができるので、生ごみをゴミ袋→可燃ごみなんてもったいない!

毎日全国で集められている可燃ごみの中で、生ごみは2〜4割以上。紙類、プラスチック類を超えて一番多いものだそうです。

コンポストを使えば、ごみがかなり減って、ゴミ捨てがとっても楽になるし(軽いし、臭わない)、ごみを燃やすエネルギーも節約できる。しかも肥料になるって、これはみんなやったほうがいい!!

で、コンポストって、何?

コンポストcompostは「堆肥」、「堆肥を作るコト」。生ごみコンポストは、生ごみを発酵させて堆肥化したもの、またはすること。ただ、バケツに入れていくだけのものから、落ち葉や土と混ぜていくもの、ダンボールで簡単に作れるもの、いろーんな種類があります!!

コンポストの種類

据え置き型

一番簡単と言われています。このコンポスターをお庭に置いて、ごみを入れて、発酵促進剤(または土や落ち葉)をかけて、をくりかえしていくだけ。

必要なもの(コンポスターの他に):生ごみ、落ち葉or土or発酵促進剤

バケツ型

とてもコンパクトで、液肥もできます。我が家はこれを使用中。2週間ほどで満タンになるので、バケツを2つ用意してローテーションします。発酵させてから土と混ぜこむので分解が早いです。ただ、ぬか床のような匂いが強いです。

生ごみを入れて、発酵促進剤(米ぬかだけでも可)をいれて、を繰り返し、いっぱいになったら2週間寝かして土に混ぜ込み、また1ヶ月ほど寝かしたら野菜を植えることができます。

必要なもの:生ごみ、米ぬかor発酵促進剤

回転型

ハンドルが付いていてくるくる回るコンポスト。生ごみを入れて、一回くるっと回すと、分解に必要な空気が入り、通常より早く堆肥化できます。

必要なもの:生ごみ、落ち葉or土

ミミズコンポスト

コンポストの中でミミズを飼う方法。畑にいる太いミミズでなく、釣りエサに使う細いシマミミズというミミズを使います。うまく育てるととても分解が早く、良質な堆肥になります。キッチンに置いて液肥が取れる商品もあります。次はこれ、やってみたいな。

必要なもの:生ごみ

埋め込み式

地面に穴を掘って埋め込んでおくコンポスター。穴の中に生ごみを投入すると、微生物に分解されてなくなっていきます。堆肥として取り出すことはなく、その周囲に栄養がいきます。

設置する穴を掘る手間はありますが、一度設置するとあとは生ごみを入れるだけで消えていくので楽です。

必要なもの:生ごみ

キエーロ

可愛い木で作られたコンポスト。微生物の分解で生ごみが消えていくので、堆肥はできませんが、マンション住まいで庭もないし堆肥はいらないよ、という方におすすめ。生ごみを埋めることで土とふれ合えます。

必要なもの:生ごみ

プランターやダンボールで手作り

試しに・・・という方はとりあえずダンボールでもできます!

  1. ダンボールの場合は底にビニールを敷く。プランターはそのままでOK。
  2. ピートモスorココナツ繊維or腐葉土をたっぷり入れる。
  3. 水気を切った生ごみを入れ、2と混ぜる。
  4. ハエ除けにネットでふたをする。
  5. いっぱいになったらしばらく寝かせて、土のようになったら完成!

コンポストの注意点

失敗すると、ハエやアブなどの虫がたくさん卵を産んで、それはそれは大変なコトに!!私はもう見慣れちゃったけどね・・・。彼らもごみを分解してくれるパートナーですが、それを防ぐには

生ごみの水気をよく切る!

水分が多いと、腐って匂いや虫の原因となります。生ごみの水分は出来るだけ抜くこと、バケツ型の場合はまめに液肥を抜くこと。

侵入を防ぐ!

しっかりとふたをする、蓋ができないものは防虫ネットをかけるなどして虫の侵入を防ぎます。しっかりと落ち葉や土をかけると匂いも消えて虫が寄ってくるのを防ぎます。

炭素分をしっかり入れる

生ごみばかりだとうまく発酵しにくく腐ってしまったりするので、炭素分、つまり落ち葉や土、ピートモスなどをしっかりいれるとよい堆肥になります。生ごみバケツの場合は、炭素分でなく、発酵促進剤をたっぷり入れること。

 

うーん。いろんなコンポストがありますね!いまではキエーロなどの都会向きコンポスターもあるので、ぜひやってみて欲しいと思う。本当に、生ごみを捨てないと、ゴミ捨てが楽なんですよね!4人家族の我が家では、ゴミ捨ては2週間に1袋です。

さあ、そんなわけで、わがやの生ごみを埋めるぞ

バケツ型コンポスターに生ごみと米ぬかを約2週間貯めて、しっかり蓋をして2週間寝かしたもの。(一次発酵)

畑にまいて・・・

めっちゃぬか床臭!はんぱないです。これは、都会ではお勧めできません。苦情が来るレベルです。

大急ぎで土をかぶせ、今回はビニールを張ってみました。太陽熱処理で、分解促進なるかな?

いつもは土をかぶせて、草をどっさりかぶせて寝かしています。草をどっさりかぶせると、匂いが大分マシです。

11月の、玉ねぎ植え付けまでに、熟成されていますように!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*