生姜農家のレシピ ごはんに美味しい生姜味噌で免疫UP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またまた美味しいレシピができました。生姜味噌です!!甘辛いお味噌、炊きたてのご飯に乗っけてたべると、美味しい〜〜!しかも、ポカポカあったまる〜!これは、我が家の常備菜になりそうです。これだけでご飯が何杯もいけちゃいます。今年1番のヒット作です!!

冷え性ですぐに風邪を引きやすいなんてことありませんか?このレシピでたくさん生姜を食べて免疫力アップ!しましょう。さっと作れるので、使いかけで余った生姜で作ってもいいと思います♪

生姜味噌のレシピ

生姜味噌の材料

生姜 200g (新生姜の方が辛くない)
みりん 100ml
味噌 200g

生姜味噌の作り方

1. 生姜をみじん切りにする。ひね生姜(皮が厚く茶色い)の場合は皮を剥いてから切る。


2. 鍋に生姜とみりん、味噌を入れ、弱火でコトコト10分ほど煮詰める。生姜に火が通って、とろみと照りが出てくるまで。(火を止めると少し硬くなるので、ゆるいかな?と言うくらいで火から下ろす)


3. 煮沸した清潔な瓶に入れてできあがり。

簡単です〜!

意外と辛くない!うちの5歳の子も喜んで食べてくれます。
ご飯のお供には、米味噌を使うのがおすすめです。麦味噌を使うと、少し苦味が出ますが、豆腐と合わせると麻婆豆腐がすぐに作れます!

ちなみに、みりんがない場合は日本酒と砂糖でも可。本当の発酵で出来ているみりんは米の甘味で出来ているので1番美味しく、体にも良いと思われます。みりん風調味料というお砂糖を入れて作っているものもあるので、お買い物の際は気をつけてみてくださいね。

生姜味噌に向いている生姜

このレシピは、新生姜でもひね生姜でもどちらでも美味しく作ることができます!ひね生姜の方が辛味が強いので、食べるとふあーっと口の中が熱くなります。でも、唐辛子と違って辛さが後を引かないので、さっぱりとしています。

出来たては辛味が強いですが、1日寝かせるとまろやかになり、味噌とみりんと生姜が馴染んでとても美味しくなります。

生姜味噌の使い方いろいろ

・ご飯のお供に
熱々のご飯と召し上がれ
・湯豆腐、ふろふき大根に
・お餅に

生姜を加熱することでできるショウガオールという成分は、体の内側から温めてくれるので、寒い冬をぽかぽかに過ごすことができます。また体温が上がると免疫力もアップします!生姜をたくさん食べてポカポカあったまって風邪を寄せ付けないからだになりましょう♪(食べ過ぎはダメですよ、何事もバランスよくほどほどに)

シンプルで簡単だけど、本当に美味しいんです。作ってもすぐなくなってしまうので、今年はもう3〜4回作っています。また無くなりそうなので作らなくちゃ。この味噌のために味噌を追加で仕込もうか…というくらいです。ぜひお試しください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*